Radiance Source 公式ブログ

栃木県宇都宮市の健康応援施設「Radiance Source」公式ブログです。

昨日嬉しいニュースをいただき、ガッツポーズです!

おはようございます!
佐藤龍平です(^-^)m(__)m

昨日嬉しいニュースをいただき、ガッツポーズです!
患者さんからの連絡です。

画像も細胞検査でも大丈夫です。

と病院で言われたとのこと、
完治ではまだありませんが、何とも言えない喜び!

修業時代、患者さんが良くなると

 

「オマエが治したんじゃない、患者が自分の力で治したんだ!勘違いするなよ、俺たちは建付を整えただけだ!」

と言われました。

その時から今でもそう頭に叩き込まれています。
インプットされています。

ですが、

僕は患者さんを目の前にしてこう思います。

 

治すぞ!
何が何でも治してやる!
俺が治してやる!

大変な問題やらが起きそうですが、正直なところです。

自我が、
エゴが、
言われますが、
何のこっちゃ

エネルギーの治療を学んでからは特に「治してやる!」は強くなりました。

勿論、患者さんに時間(命)を与えられた時、患者さんには「治す力があったんですよ~、若いですね~、僕はサポートをちょこっとさせていただいただけです」と言いますし、そう口から出ます。

そう言わないと師匠に殴られるからです。


おごりもしませんし、調子に乗ることもしません、


師匠に殴られるからです。


僕の深層心理ではどう思っているのかはわかりませんが、
患者さんの力を信じたことは間違いありません。
そして、自分の力を信じられたことも絶対です。

俺が俺がの「が」をやめて、お陰様の「おかげ」
「げ」に変えろ。と、やはり教わってきたからです。
おれが→おかげ


俺が…で行くのは、勉強する時間の集中力には物凄く使えます。

俺がやらなきゃ誰がやる!やらねば…!と。

ただ、それ以外は
お陰で…だと気持ち良い~んです。
調和しますし見えることが増えます。
援助も多くなり、身体も変化(柔軟性を持つ)します。


おごりも調子に乗るのも、俺が…
になっている時ですし、余裕がある時です。

そんな余裕ないんです。

愚痴も不平不満もそうです、

余裕があるんです、贅沢なことです。

そんな余裕ないんです。

 

次が待ってます、次に行かなきゃ人生が終わっちゃいます!

 


俺が治してやる!」で余裕を作り、勉強して向き合う姿勢を崩さない

そして

お陰様」で患者さんとの共同作業で前に進んでいく


負けたら反省分析次に活かす
勝ったら反省分析してお陰様

 

今日も生き切り、全力投球!


しゃあぁぁぁーー!

合掌